読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のいちばん好きな家

H28年3月入居!こだわりの家での暮らしと田舎での育児

1年半描きつづけた間取り

新居の間取りは私が一年半描きつづけて

やっとの思いで完成した傑作です。笑

 

私達家族にとっての、ですけどね。

特に遊び心もなく。

凸凹なくしてなるべく予算削減に貢献。

家事動線重視。

小さいのに、大きく見せる。

求めるものは人それぞれなので、ご了承ください。。

 

方眼紙とかがあれば、描きやすいんですけど、

それも買いたくなくて、

余ってる大学ノートに縦線を加えて

方眼紙風にして間取りを描きまくってました。

 

どんなに親身に考えてくれる建築士の方が担当になったとしても

その人は我が家に住むわけではないので、

24時間365日考えてくれないだろう。←当たり前。

 

だから、自分の家なんだから自分で考えよう!

暇だし。もちろんアドバイスは受け入れ態勢で。

 

  1. 最初は本を見て、いいなと思う間取りをコピーする
  2. その間取りのいいと思う部分をチェック!
  3. チェックした部分を参考に実際に描いてみる
  4. 一日のうちの最高傑作を仕事帰りの旦那に提出
  5. ダメ出しを受け入れ、改良する

 

そんな感じで出来たのがこれ。

f:id:aminagako:20150527132431j:plainこれは私の間取りを工務店に作ってもらったものです。

まだ細かい訂正部分がいくつかそのままですが、

大体の場所だけ伝わればいいからいいや。

 

平屋で、和室の上がロフトスペースになってます。

重視したポイントとしては、

  • 西日嫌いなので、西は車庫や風呂、寝室など暑くなっても平気、または日が沈んで過ごす部屋に←断熱材入れてるのに西日恐怖症?笑
  • 玄関からすぐ、キッチンに(食材片付け)
  • 玄関からすぐ、洗面台へ(手洗いうがい)
  • 回れる動線
  • 個室小さく、共有スペース広く
  • ゴロゴロしてても外からの視線が気にならない 笑
  • 建具は全て引き戸
  • 脱衣所を広く、洗濯物もそこで部屋干し→すぐ収納
  • 子供部屋は客間兼用なので、布団が4枚ひける大きさ
  • ウッドデッキは室内と同じ高さで、リビングの延長的に

 

ざっくりとはこんなことを実現したくて

この間取りにしました。細かくいえば書ききれないほど。。笑

 

やる気と時間さえあれば、主婦でも間取りは考えられます。

プロならもっと要領よく実現してくれるはず。

だから、間取りでまだしっくりこないなら、

どこがどう気に入らないかしっかり伝えると、

何とかなるもんです。。きっと。

 

ここでも諦めない、妥協しないことが大事だと思います。

私は夜寝る前に頭が冴えて、しっくりきてないところを

いかに理想の形に近づけるかでなかなか眠れず大変でした。

布団に入って目を閉じるのにどんどんアイデアが湧いて、、笑

解決案がでたら寝れてました。

主婦の方はそうなるかもしれないのでお気をつけて😅