読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のいちばん好きな家

H28年3月入居!こだわりの家での暮らしと田舎での育児

この床はホントに上小節?

内装

壁とか天井に比べて、

床は直接触れる機会が多い部分なのでなるべくこだわりたい。

 

無垢材はいいよね。やっぱり。

依頼先では、無垢の杉が標準。

しかも上小節(トイレや脱衣室とかは節ありが標準)

 

木材にも節の数でランクがある。

木材の等級とかで検索すれば、色々出てくる。

無節はやっぱり高いよね。

予算も限られてるし、小節くらいならいいか~って感じ。

それなのに。上小節標準(≧∇≦)だなんて浮かれていた。

 

内見会に行く度に違和感を覚える。

節。しかも超黒い。めっちゃ多いΣ( ̄ロ ̄lll)

トイレとかは節ありが標準だからいいとして、

リビングまでなぜこんな事にーーー(?_?)

 

後日、打ち合わせで聞いてみる。

私「あれ、上小節ですか?」

工務店「いや~、あんまり良い木が入って来ない時もあって。。。」 

私「じゃあ、上小節ではないと思っていれば良いんですか?」

工務店「節も良いもんですよ。同じ大きさとか形のものはないですからね~」とか何とか。

 

違う。私は別に節が嫌いな訳じゃないんだよ。

自然の物ですから。それが良さだったりもするさ。

 

この上小節~♪と浮かれた気持ちを返してほしいだけ(゜ーÅ)

真実を教えて欲しいだけ。

節ありが標準ですって言ってくれれば、

どこか浮かして小節くらいにランクあげるとか選べるじゃん。

ちゃんとした情報がないと、

建った時にイメージと 掛け離れる。

建ってからじゃそう簡単に直せないし。

 

結局、板を並べる時になるべく節が目立たないものを

リビングや玄関とかにして、

節が目立つ部分は家具置くところとか、

配慮してもらう様にはしてもらうことに。

 

こんな事は家づくりでは良くあることなのかしら。

今まで誰も突っ込まなかったのかな。

だから最近は、用心深くなってしまい、

打ち合わせが長時間かかります。笑